池袋ガールズバーの特徴をエリア別に紹介!初心者に最適な地域はココ

「池袋のガールズバーって、どんな雰囲気なのかな?」
「どのエリアが私に向いてるんだろう?」

池袋のガールズバーで体入したい方は、こんな風に疑問をお持ちかもしれません。

池袋は、駅の西口と東口でお店の雰囲気が大きく異なります。

知らずにお店を決めて「思ってたのと違う…」なんて後悔しないように、事前にエリアごとの特徴を把握しておきましょう。

ここでは、池袋にあるガールズバーの特徴をエリア別に詳しくお伝えします。
未経験の方におすすめのエリアもご紹介しますので、ぜひ体入先をお探しの方はさんこうにしてみてくださいね。

池袋ガールズバーエリア別の特徴 初心者は東口がおすすめ

池袋駅西口エリア 高時給で若い女の子向き

池袋西口は、都内でも有数の大きな繁華街が広がるエリア。
駅を出てすぐに飲食店やカラオケ、ゲームセンターが点在し、ナイトワークのお店も多いです。

また、1日を通して人が多いことで集客力が高いことも西口の強み。
日々たくさんのお客さまが来店されるので時給が高く、バックも入りやすくなっています。
六本木や歌舞伎町と並び、都内でも稼げるエリアですよ。

さらに、さまざまなジャンルのお店があることも西口の特徴です。
水着やコスプレが制服、キャストが大学生限定などさまざまなコンセプトのお店があります。

そのためキャストの年齢層は低く、働いているのは大学生やギャル系の子が中心です。
客層が20代から30代の西口は、にぎやかな営業になることが多いためお客さまのノリに合わせられる女の子が求められます。
歌舞伎町や渋谷エリアに近い雰囲気の西口は、若い女の子にぴったりのエリアですね。

以前は治安の悪いイメージがあった西口ですが、近年はクリーンなエリアになっています。
池袋でしっかり稼ぎたい方は、西口エリアのガールズバーがおすすめですよ。

池袋駅東口エリア 落ちつた雰囲気で30代も活躍中

池袋駅に東口は、高層ビルが立ち並ぶオフィス街
歓楽街が広がる西口に比べ、夜は静かなエリアになっています。

客層はサラリーマンが中心で、終電までの時間帯は一般の会社員が多いです。
終電後は西口から流れてきた方や、ホストなど同業者が来店します。

お客さまの年齢層は、ガールズバーとしては高く20~40代までがメインになります。
そのため営業中はにぎやか過ぎる雰囲気になることは少なく、落ち着いて接客できるお店が多いです。
西口や歌舞伎町のノリが苦手、疲れた方も東口ならマッチする可能性が高いですよ。
池袋でも客層がいいエリアなので、ナイトワーク初心者のスタートにぴったりですね。

また西口より落ちついた雰囲気のお店が多いことで、キャストの年齢層も高くなっています。
西口の平均年齢18~24歳に対し、東口は20~34歳と30代以上の女性も活躍中
年齢がネックでガールズバー勤務をあきらめかけていた方でも、働ける環境があるのが東口のメリットですよ。

池袋のガールズバーで体入をお考えの方へ

最後までお付き合いいただき、ありがとございます。
池袋にあるガールズバーの特徴を、エリア別に紹介しました。

西口はさまざまなジャンルのお店があり、若いギャル系の女の子が働きやすいメリットが。
東口は西口に比べ客層とキャストの年齢層が高く、30代の方でも馴染める雰囲気が特徴になります。

自分に合うエリアはどちらか、体入先を決める前に確認することがお店選びで失敗しないために重要ですよ。

エリア別の特徴が分かったら、さっそく池袋で体入におすすめなガールズバーの紹介ページから体入先を選び始めましょう。
エリアの特徴以外にもお店の雰囲気が分かる情報が多数掲載されていますので、ぜひのぞいてみてくださいね。